プロフィール

全員合奏

Author:全員合奏
大阪朝高吹奏楽部は、1952年4月10日学校創立と共にクラブを創立し、大阪朝高サウンドを創る為「全員合奏」「為に」「吹奏楽部の発展」「音楽の心」を目標に楽しく、厳しく、感動しながらクラブ活動に励んでいます。全日本吹奏楽連盟に加盟し、コンクールでは目覚しい成績を挙げると共に在日朝鮮学生コンクール、多数のコンサートを開催し、卒業生には、金剛山歌劇団、音楽教員、作曲家、指揮者、演奏家として活動する者が少なくありません。また卒業生を中心とした社会人バンド「大阪朝鮮吹奏楽団」を創立し活躍しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

楽譜を覚えていたこと。

お久しぶりです^^
altosaxのぽんです☆

寒い日がまだまだ続きますね(;O;)


先日1月22日、私達は淀工の演奏会を見に行ってきました!!

2016

やっぱり全国レベルの学校は違いますね。
演奏から始め演出までどれもすごかったです。
今回私達は舞台の横にある客席から見たのですが、正面から聴くのとはまた違った印象でした。
アタックや音の響き、ダイナミクスやバランスなど、より鮮明に聴くことができ、学ぶ事がたくさんでした。saxpartでのアンサンブルや響きBaritone、tenor、altoそれぞれの楽器の響きや音色が私達とはまったく違ったのでビックリしました。
勉強になり良い刺激になりました。

また演奏会の曲で怒りや戦いの歌なのにキレイな和音やコラールなどで出来ている曲を聞き、怒りや戦いをアクセントやフォルトなどで表現するのではなくコラールで表現したり、作曲家に寄って表現の仕方も楽譜にこめられた気持ちも異なり、それを共鳴して歌うためには、音楽についてもっと勉強をし、たった1曲の曲でも楽譜を良く見て、作曲家が何を伝えたいのかを考え、一つ一つもっとついきゅうしなければいけないと思いました。

2017

今回淀工の演奏会を通じ驚いたのが1人1人のレベルの高さはもちろんのことですが、打楽器が演奏する曲すべての楽譜を覚えていたこと、それとsoloやfirstを任されていたほとんどが私と同じ2年生だった事です。

3年生が引退した今私たちももっと頑張って淀工の生徒達に負けないように技術もあげ朝高のsaxpartにしかできないアンサンブルそして朝高にしか出来ない新しいsoundを作れるように日々練習に励みたいと思います(^O^)/


スポンサーサイト

テーマ : 吹奏楽
ジャンル : 音楽

コメント

Secret