プロフィール

全員合奏

Author:全員合奏
大阪朝高吹奏楽部は、1952年4月10日学校創立と共にクラブを創立し、大阪朝高サウンドを創る為「全員合奏」「為に」「吹奏楽部の発展」「音楽の心」を目標に楽しく、厳しく、感動しながらクラブ活動に励んでいます。全日本吹奏楽連盟に加盟し、コンクールでは目覚しい成績を挙げると共に在日朝鮮学生コンクール、多数のコンサートを開催し、卒業生には、金剛山歌劇団、音楽教員、作曲家、指揮者、演奏家として活動する者が少なくありません。また卒業生を中心とした社会人バンド「大阪朝鮮吹奏楽団」を創立し活躍しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

努力と勉強。

吹奏楽作曲者のリード作品で最も人気があると思われる、序曲《春の猟犬》

春の猟犬が冬の足音をたどる頃
月の女神が牧場で草原で
暗がりを、風吹く場所を
葉音、雨音で満たす
微笑み隠す唇ほど柔らかな
木々の茂みを陽気に分け入り
追い求める神々の目を逃れ
かの乙女は身を隠す

6/8 拍子を主体とした軽快なリズムによる第1 部と、4/4 拍子の「愛の甘さ」を表す美しいメロディの第2 部が対比的に書かれ音楽を表現しています。

それでは自分たちが感じた場面を発表しましょう。


F01 F02
F03 F04

音楽の捉え方が・・・

奥が深い・・・

努力と勉強、努力と勉強の繰り返しですが・・・

感じる大切さと表現する感動が、音楽です。


スポンサーサイト

テーマ : 吹奏楽
ジャンル : 音楽

コメント

Secret