プロフィール

全員合奏

Author:全員合奏
大阪朝高吹奏楽部は、1952年4月10日学校創立と共にクラブを創立し、大阪朝高サウンドを創る為「全員合奏」「為に」「吹奏楽部の発展」「音楽の心」を目標に楽しく、厳しく、感動しながらクラブ活動に励んでいます。全日本吹奏楽連盟に加盟し、コンクールでは目覚しい成績を挙げると共に在日朝鮮学生コンクール、多数のコンサートを開催し、卒業生には、金剛山歌劇団、音楽教員、作曲家、指揮者、演奏家として活動する者が少なくありません。また卒業生を中心とした社会人バンド「大阪朝鮮吹奏楽団」を創立し活躍しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

基礎合奏から。

あんにょんはせよ!
打楽器のそんひゃんです!

最近は、春コンの練習を主にしてるんですが 特に企画がすごく楽しいです!
こうゆう企画は、私も好きだし みんなも楽しそうです!
まだ分からない人も 当日まで楽しみにしててくださいね♪



今日は、午後練習でした~。
基礎合奏は、管楽器のブレス方法から始まったんですが、私がこれはもっともだ!と思った話は 管楽器を弦楽器としてイメージしてみよう、とゆうことでした。
よくヴァイオリンや チェロを弾く人は 体全体で演奏します。弓も大きく全体を使って演奏します。
この振り幅が、管楽器でゆうブレスで ブレスが短い人はそれくらいの響きしかでなくて 長い人は遠く遠くまで響く。とゆうことです。
全身で表現することの多い打楽器は、どの管楽器 弦楽器よりもこのことを知って 実践していかなければなぁ、と思いました。

そして、基礎合同のあとは 少しパート練習を入れ 教則本の発表会をしました。
ふだん練習している教則本も みんなの前で発表となると やっぱり音がこもってしまったり、抑揚 強弱がなくなったり、しまいには何分の何拍子をしているのかも分からなくなるようなことも起こります。
発表には緊張がつきものです。しかし、じゃあ今度発表するときは 緊張しないようにしよう!と練習するのが発表の目的ではなくて なぜ人前で演奏するのか、演奏を聴いてもらってどこをアドバイスしてほしいのか、などなど色んな考えをもって 練習にはげむのが 一番重要だと思えた一日でした^ ^


スポンサーサイト

テーマ : 吹奏楽
ジャンル : 音楽

コメント

Secret